« 関宿往復&「多国籍食堂 amina」ランチバイキング | トップページ | 清和の森サイクリング »

2009年11月23日 (月)

房総紅葉サイクリング&オートキャンプ場志駒

11月22、23日

妻と二人で房総の「オートキャンプ場志駒」に行ってきました。

「オートキャンプ場志駒」は開業15年になります。

11月28日の15周年記念のイベントに招待されていましたが、妻の都合が付かないためにキャンセルになってしまったので、22、23日の連休でキャンプに行ってきました。

私たち家族は開業2年目から通っているので多分一番長く通っているリピーターになります、当然オーナー夫妻とは仲良し、通うたびに長々とお茶を飲みながらお話して楽しませてもらっています。

22日は生憎の雨、保田の「ばんや」で昼食。

相変わらず激混みです、テラス席ならすぐに座れるとの事なので、寒いテラス席で食事。

刺身5点盛り、スルメイカ刺し、サワラカマ煮などを食べて、お腹一杯。

Dscn9806 Dscn9800 Dscn9801 Dscn9804

最近はテントを張るのがおっくうになり、もっぱらバンガローに泊まっています。

雨で寒かったので電気ストーブ持参、バンガローならAC電源を取れるので雨でも快適。

23日、朝には雨も上がり曇り空、しだいに良い天気になりました。

私は11月28日に開催される、CCAのイベント清和の森サイクリングにエントリーしているので、午前中試走してきました。

キャンプ場のある、もみじロードがコースになっているので、100kmコースの一部を試走。

Dscn9810 Dscn9809

もみじロードから横根峠に上がります。

もみじの紅葉が綺麗な道です。

Dscn9812 Dscn9813 Dscn9815 Dscn9818 Dscn9822

横根峠-長狭街道-大山千枚田に登ります。

Dscn9827 Dscn9833 Dscn9838 Dscn9840

この後が不動級の登り、インナーローでゆっくり、時々休みながらヘコヘコ。

Dscn9847 Dscn9852

林道嶺岡中央線で二ツ山、愛宕山を通過して、410号に入ります。

イベントの時の昼食場所になる「みんなみの里」。

Dscn9853 Dscn9854

ここからはコースを外れて、スタート場所の清和県民の森に行き、集合場所の確認。

Dscn9855 Dscn9856 Dscn9857 Dscn9861

100kmコースはスタート後に鹿野山に登るのですが、鹿野山はパスして、60kmコースのルート、465号を進みます。

60kmコースの休憩所の「酒匠の館ソムリエハウス」で休憩、キャンプ場に戻りました。

Dscn9863 Dscn9866 Dscn9870

結局、60kmの試走だったが、アップダウンが多く脚はパンパン、100kmコースは房総の山を4ヶ所登り、累積2000mになるタフなコース設定なので、私で走れるか心配になってきました。

途中へたれたらコース変更も出来るので、とりあえず100kmコースでスタートしてみようと思います。

キャンプ場に戻ったのが正午前、オーナー夫妻が焚き火で焼き芋を焼いていてくれ、焚き火を囲んでの焼き芋は美味しかった。

やっぱりキャンプは楽しい、今は子供抜きの妻と二人のキャンプですが、のんびりできて和めます。

より大きな地図で 20091123 を表示

« 関宿往復&「多国籍食堂 amina」ランチバイキング | トップページ | 清和の森サイクリング »

コメント

この道はいつか来た道♪そうだ、そうだよぉ♪
いいですねー こんな風景(郷愁)が私が大好きな風景です。
確か去年も同じこと書いたような気がしますが・・・
うちの家内は100%インドア派なので、田舎風景の中でのんびりする楽しさを共有してくれません(T_T)
E-ponさんご夫妻がほんとに羨ましいです。

もひとつ...サイクリングコースを辿っていたら中学生の時に地図帳を眺めていた記憶が蘇りました。
房総半島に人骨(ひとほね)山があることを発見し、友人とそこに行こう!などと言っていたのですが、その友人は28日の同窓会に欠席(T_T)

いつか、新緑の季節にでもこのコース付近を、時間に縛られずに1人のんびりポタしようかな?と考えています(^_^)

たすけさん、こんばんは。
房総の内陸部は自然豊かで気持ちよいですが、アップダウンばかりで、自転車ではちょっと辛いです。

この年になって妻と二人でキャンプする家族は珍しいのかな?たまには良いですよ。

人骨山は知りませんでした、何か不吉な山ですね、横根峠の近くなので驚きです。
この付近はトレッキングの名所らしく、先日も多くのハイカーに出会いました。

キャンプと自転車で楽しんだ休日でしたね。

我家も1995年に家族キャンプを初め、北海道では夏は毎週のように行っていましたが、最近は子供が付いてこなくなりご無沙汰です。
確かにカミさんと二人で行くという手も有りますよね・・・。
焚き火を見ながらの御酒は、美味しい(ジュル)。

tauso1さん、こんばんは。
tatuso1さんもキャンパーでしたか、
私の所も子供が大きくなり、キャンプには付いてこなくなたったので、妻と二人のアダルトキャンプです。

焚き火を囲んでのお酒は最高ですね、安いお酒も最高級雰囲気で呑めば美味しさ倍増です。

E-ponさん こんばんは!  ツル千葉の帰りの電車でお話しされていたキャンプ場ですね! 
景色も見事で心が洗われます。
アダルトwine?キャンプ! ぜひ真似したいですねsmile 

Boostさん、こんばんは。
そう、ツル千葉の帰りにお話した、お気に入りのキャンプ場です。
山の斜面を利用した、自然豊かなキャンプサイトでのんびりできて、良い所です。
某サイトで千葉県ナンバー1に選ばれた事もあります。
一般にはファミリーキャンプですが、夫婦2人なのでアダルトキャンプにしときました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164938/32343965

この記事へのトラックバック一覧です: 房総紅葉サイクリング&オートキャンプ場志駒:

« 関宿往復&「多国籍食堂 amina」ランチバイキング | トップページ | 清和の森サイクリング »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31