« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

手賀沼スカイフェスタ2010

9月26日(日)
「手賀沼スカイフェスタ2010」に行ってきました。

熱気球の搭乗整理券をもらうために早朝5時にDESEOで出動。
手賀沼公園芝生広場に6時過ぎに到着。
7時半からの配布なのにもうすでに配布を開始している模様、速攻列に並びます。
運良く最後の一枚、最終搭乗予定の整理券をゲット。
しかし、係員の説明によると風が出ると中止になるので、搭乗できるのは定かでないようである。

朝食を食べてないのでコンビニでサンドイッチを購入。
CR脇のベンチで朝食、コーヒーセット持参なので淹れたて珈琲を飲みながらの朝食、キャンプでの朝食みたいでちょっと贅沢な時間。

Dsc00102

かなり時間があるので、利根川、布施弁天方面をポタ、
9時半ごろに一度、熱気球の様子を見に会場に戻る。
風が出てきてるようで、搭乗に手間取っていて、予定よりかなり遅れている模様。
熱気球も上空ではゆらゆら。

Dsc00104 Dsc00107
携帯で天気予報を確認すると、時間が経つにつれて風が強くなるようである。
この時点で今日は無理とあきらめる。

CR側の対岸に移動するころには気球の姿はなく、どうやら中止になったようである。
会場に戻り、中止を確認、残念ですが自然を相手にする熱気球では仕方ないです。
幻の整理券になってしまいました。

Dsc00114

2010年9月24日 (金)

手賀沼で熱気球

手賀沼で熱気球の乗れるようです。

こんな記事を見つけました。
26日に「手賀沼スカイフェスタ2010」が開催されるそうです。
一人1000円で熱気球に乗れるそうですが、先着250人なので早く受付しないと無理そう、早起きできたら行ってみようかな?

「手賀沼スカイフェスタ2010」のポスターはこちら

2010年9月21日 (火)

中山道ヒルクライム

9月19日(日)

妻の実家、下諏訪に行ってきました。
19日の1:00に出発、20日の4:00に帰宅という強行日程です。
移動は渋滞を避けて深夜の運転、疲れました。

デジカメが逝ってしまったので買え換えました。
サイバーショットDSC-TX5にはスイングパノラマ機能が付いているので、
諏訪SAからの諏訪湖を撮ってみました。

Dsc00027

午前中は買い物、庭の手入れ、妻のお手伝いでワイフマイレージの貯蓄。
午後から少し時間をもらい、車載してきたリドレーで走ってきました。

中山道を下社春宮から和田峠までのヒルクライム。
平均勾配6%で8%の登りが続く13km、標高1500mまで登りっぱなしのヒルクライム。
以前走った時は休み休み登ったルート、今回はマイペースで休まずに一気に上りきりました。

Dsc00046 Dsc00050 Dsc00053 Dsc00056 Dsc00059 Dsc00065 Dsc00074
ビーナスラインを少し上った旧和田峠スキー場前の「農の駅」でアイスクリーム休憩して戻ります。

Dsc00084 Dsc00083
下りはスピードが出るので怖いぐらい、ブレーキを掛けっぱなしでペダルを回すことなく、ブラケット持ちのブレーキでは制動力がたりないので下ハンブレーキ。あっという間に帰宅。

実家の近くには御柱祭りの時に御柱を落とす、木落し坂。

Dsc00039 Dsc00042

諏訪神社下社春宮。

Dsc00086

万冶の石仏。

Dsc00088 Dsc00092

万冶の石仏は妻が高校生の時に世間にその存在が広まり、岡本太郎が絶賛した事で有名なった石仏です。
観光客が石仏の周りをくるくる回っているのでなぜ?と思っていると、以前にはなかった参拝方法が記されています。
調べたら後着けの参拝方法らしい、何も知らない観光客に経緯を知らないまま参拝している人々を見ると、おかしいやら哀しいやら、なんだかな~。

老舗の「うなぎ林屋」で夕食。
二色重、肝焼き、生ビール。
二色重は蒲焼とにんにく醤油で焼いた塩焼きの2味楽しめる、わさび薬味を付けた塩焼きは美味でした。

Dsc00101 Dsc00097 Dsc00095

信玄のかくし湯と言われている「神乃湯」で温泉に浸かり、
仮眠してから深夜1時に出発。
忙しい充実した一日でした。

2010年9月 6日 (月)

センチュリーラン笠間2010

9月5日(日)
センチュリーラン笠間2010に参加してきました。

今年で3回目の参加です。
9月なのに30℃を超える猛暑、暑さとの戦いでした。

開会式を終えて、スタート。

Dscn0451 Dscn0454
8時ジャストの一番スタート。

Dscn0469 Dscn0472
2番手の位置でしばらく走ると先頭者から先頭交代の合図、
参加者のトップを数分だけ走りました。
先頭交代してからはずるずると後退。

牛久愛和病院のチームの車列に便乗して、CP1まで走ります。
良いペースでひいてくれたのでCP1までのAv.28.8、快調です。

CP2まではほぼ一人旅のマイペース走行。

Dscn0475
CP2までのAv.27.5でまだまだ快調。
CP2を11:50にスタート。

しばらく走るとGPSがoff courseを表示。
前を走る人がいるのでかまわずに走っていましたが、見慣れない風景。
前の人もミスコースに気づいて止まっています。
少し来た道を戻り、コースに復帰したが、痛恨のミスコースで時間ロス。
おまけに中山峠付近で両脚がピクンピクン、脚攣りの前兆。

この頃から気温も上昇、サイコンの温度計も40℃を超えています。
日差しに照らされ後頭部がジリジリ焼けてくるのが判り、風も熱風です。

少しきつい坂でとうとう左脚が完全に攣ってしまい、落車しそうになりました。
自転車から降りられないので、右脚を地面に着き、脚攣りが治るのを待ちますが痛さで涙がポロリ、苦痛でした。
自転車に乗って初めてこんなにひどい攣り方をしました。

リタイアも考えましたが、なんとか完走をめざします。
こうなるともうポタリングスピード、軽いギアでクルクル。
下りは脚を止めて惰性のみの走行。

Dscn0476

CP3になんとか到着、脚のマッサージ、補給食を取ったら少し回復。
でも、この先には坂が待っています。
無理せずにのんびり走っていると、脚攣りが治ってきました。
坂も脚を着くことなく無難にクリア。
後はダウンヒルで3時3分にゴール。
前半の貯金があったので、7時間3分で完走。

Dscn0478

この暑さの中、脚を攣ってのこの時間なら上出来です。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31