« センチュリーラン笠間2010 | トップページ | 手賀沼で熱気球 »

2010年9月21日 (火)

中山道ヒルクライム

9月19日(日)

妻の実家、下諏訪に行ってきました。
19日の1:00に出発、20日の4:00に帰宅という強行日程です。
移動は渋滞を避けて深夜の運転、疲れました。

デジカメが逝ってしまったので買え換えました。
サイバーショットDSC-TX5にはスイングパノラマ機能が付いているので、
諏訪SAからの諏訪湖を撮ってみました。

Dsc00027

午前中は買い物、庭の手入れ、妻のお手伝いでワイフマイレージの貯蓄。
午後から少し時間をもらい、車載してきたリドレーで走ってきました。

中山道を下社春宮から和田峠までのヒルクライム。
平均勾配6%で8%の登りが続く13km、標高1500mまで登りっぱなしのヒルクライム。
以前走った時は休み休み登ったルート、今回はマイペースで休まずに一気に上りきりました。

Dsc00046 Dsc00050 Dsc00053 Dsc00056 Dsc00059 Dsc00065 Dsc00074
ビーナスラインを少し上った旧和田峠スキー場前の「農の駅」でアイスクリーム休憩して戻ります。

Dsc00084 Dsc00083
下りはスピードが出るので怖いぐらい、ブレーキを掛けっぱなしでペダルを回すことなく、ブラケット持ちのブレーキでは制動力がたりないので下ハンブレーキ。あっという間に帰宅。

実家の近くには御柱祭りの時に御柱を落とす、木落し坂。

Dsc00039 Dsc00042

諏訪神社下社春宮。

Dsc00086

万冶の石仏。

Dsc00088 Dsc00092

万冶の石仏は妻が高校生の時に世間にその存在が広まり、岡本太郎が絶賛した事で有名なった石仏です。
観光客が石仏の周りをくるくる回っているのでなぜ?と思っていると、以前にはなかった参拝方法が記されています。
調べたら後着けの参拝方法らしい、何も知らない観光客に経緯を知らないまま参拝している人々を見ると、おかしいやら哀しいやら、なんだかな~。

老舗の「うなぎ林屋」で夕食。
二色重、肝焼き、生ビール。
二色重は蒲焼とにんにく醤油で焼いた塩焼きの2味楽しめる、わさび薬味を付けた塩焼きは美味でした。

Dsc00101 Dsc00097 Dsc00095

信玄のかくし湯と言われている「神乃湯」で温泉に浸かり、
仮眠してから深夜1時に出発。
忙しい充実した一日でした。

« センチュリーラン笠間2010 | トップページ | 手賀沼で熱気球 »

コメント

こんにちは! とてつもない弾丸ツアー?ですね!
E-ponさんのパワーの源とはいったい・・・
スゴすぎで参りましたcoldsweats01

気持ちよさそうなルートですが、13kmの上りはキツいですねぇ~^^;

Boostさん、こんにちは。
連休中で中央道の渋滞を避けたらこんな日程になってしまいました。

自転車に乗ったのは2時間ほどでしたので、それほど疲れませんでしたが、深夜の運転は疲れました。
20日はポタしようと準備していましたが、疲れていたので一日休養でした。

ヤマグチ。さん、こんにちは。
こんな訳でチャレンジ200には参加できませんでした、残念です。
ヒルクライムといってもタイムを争うのではないので、10km/h以下インナーローでポタリング、この先を登るとビーナスラインでもっと気持ちよいルートですが、またの機会にとっておきました。

ニュースで報道される木落し坂ですね!
大好きな大和時代とそれ以前を語る上でも実は重要になってくるという、諏訪!
一度ゆっーくりと回ってみたいと思っておりますが中々…暇な学生時代に興味を持っていれば良かったなぁ。と羨ましく思うひと時でした。

K林さん、こんにちは、生憎の雨ですね。

そうです、ニュースでよく見る木落し坂です。
毎回死傷者がでる御柱祭りの坂で、結構な急斜面です。
私は歴史には疎いですが、諏訪は良い所です。
諏訪湖周辺には観光地も多いので家族旅行にもよいですが、諏訪湖周辺のホテル、宿は激高です。

息子が岡谷にいるのですが、独身で寮住まい。
家族向けの宿泊設備はないんか?と聞いても、そんなもんありませんとの返事でした。
一度自転車担いでいきたいですねー。(息子は鹿児島転勤打診された様で急がないと行けません(笑)

はんぞうさん、こんばんは。
下諏訪は岡谷ICが近いので京セラ岡谷工場の前を通りましたよ。
長野はもう寒くになるので早く行ったほうが良いです、すぐに寒い冬になってしまいます。
諏訪湖周辺は宿は沢山あるのでそちらにご夫婦で泊まられると良いと思います。
岡谷周辺は自転車乗りには魅力的な所です、まったり諏訪湖を走ったり、ビーナスラインをヒルクライムしたしで楽しめます、是非どうぞ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/164938/36853868

この記事へのトラックバック一覧です: 中山道ヒルクライム:

« センチュリーラン笠間2010 | トップページ | 手賀沼で熱気球 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31